Article ID: 10055, created on Sep 28, 2012, last review on May 10, 2014

  • Applies to:
  • Virtuozzo containers for Windows

Parallels Virtuozzo Containers for Windows サーバのクラッシュ(BSoD)時のトラブルシューティングを円滑化するために、メモリダンプの生成を正しく構成しておくことをお勧めします。

前提条件:

* ページングファイルが 1.5 x RAM 以上。
* ダンプの保存用に構成されたパーティションに十分な空き容量がある(サーバ上の RAM の量がダンプのサイズ以上)。
* フルメモリダンプを有効化する。

メモリダンプの構成:

  1. 完全クラッシュダンプの生成を有効化します。

    C:\>reg add "HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControl" /v CrashDumpEnabled /t REG_DWORD /d 1 /f
    
  2. (Windows 2008 および Windows 2008 R2 のみ)システムドライブ(C:)に、ダンプファイルを保存する十分なディスク容量がない場合、別のドライブにファイルを保存することもできます。次のコマンドを実行すると、ドライブ D にメモリダンプを保存するように構成されます。

    C:\>reg add "HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControl" /v Dumpfile /t REG_EXPAND_SZ /d "D:\MEMORY.DMP" /f
    

    Windows 2003 では、使用可能な RAM の量を減らすことができます。詳しくは「メモリを操作するためのブート パラメーター」を参照してください。

詳細情報については、以下の Microsoft 記事が参考になります。

ダンプは、サポートに送信する前に検証することをお勧めします。以下にその手順を示します。

- Windows Debugging Tools をダウンロードしてインストールする([x64](http://msdl.microsoft.com/download/symbols/debuggers/dbg_amd64_6.11.1.404.msi)または [x86](http://msdl.microsoft.com/download/symbols/debuggers/dbg_x86_6.11.1.404.msi))。

- 次のコマンドを実行します。

    "C:\Program Files\Debugging Tools for Windows (x86)\dumpchk.exe"  <dumpfile>

    以下の文字列が 1 つ以上表示された場合、ダンプに問題があります。

    Unable to get current machine context, NTSTATUS 0xC0000147
    **************************************************************************
    GetContextState failed, 0xD0000147
    **************************************************************************
    THIS DUMP FILE IS PARTIALLY CORRUPT.
    KdDebuggerDataBlock is not present or unreadable.
    **************************************************************************
    Unable to read PsLoadedModuleList
    **************************************************************************
    Debugger could not find nt in module list, module list might be corrupt, error 0x80070057.

d02f9caf3e11b191a38179103495106f 2897d76d56d2010f4e3a28f864d69223 965b49118115a610e93635d21c5694a8

Email subscription for changes to this article