Article ID: 111711, created on Oct 17, 2012, last review on Aug 12, 2014

  • Applies to:
  • Plesk 11.0 for Linux
  • Plesk 10.x for Linux


Parallels Plesk Panel で PHP 5.3 を有効化するには、以下のいずれかの方法を使用してください。

1 サーバで以下のコマンドを実行することにより、自動インストーラを使用して PHP 5.3 をインストールします。
/usr/local/psa/admin/sbin/autoinstaller --select-release-current --install-component php53

2 Parallels Plesk Panel ウェブインターフェースから PHP 5.3 をインストールします。
[Tools & Settings]>[Panel]>[Updates]>[Add Components]>「PHP5.3 support」を選択して、続行します。

3 EZ テンプレートを使用して、Parallels Plesk Panel 10.4 を PHP 5.3 付きでインストールします。 アプリケーションテンプレート "pp10-php53" は、Plesk Panel のインストール時に使用します。
# vzctl create CTID --ostemplate centos-5-x86_64 --hostname plesk10.centos5 --ipadd NN.MM.KK.LL
# vzctl set CTID --save --applyconfig slm.2048MB
# vzctl start CTID
# vzpkg install CTID pp10 pp10-php53

4 次の KB 記事に従って、Parallels Plesk Panel をインストールしたコンテナで PHP 5.x EZ テンプレートをバージョン 5.3 に更新します。

113432 How to update PHP 5.x EZ template on a container to version 5.3


コンポーネントのアップグレードに関する詳細は、『Parallels Plesk Panel 10: Installation and Upgrade Guide』を参照してください。

dd0611b6086474193d9bf78e2b293040 a914db3fdc7a53ddcfd1b2db8f5a1b9c 29d1e90fd304f01e6420fbe60f66f838 56797cefb1efc9130f7c48a7d1db0f0c aea4cd7bfd353ad7a1341a257ad4724a 0a53c5a9ca65a74d37ef5c5eaeb55d7f

Email subscription for changes to this article