Article ID: 113391, created on Mar 21, 2012, last review on Aug 12, 2014

  • Applies to:
  • Plesk Onyx for Linux
  • Plesk 12.5 for Linux
  • Plesk 12.0 for Linux
  • Plesk 11.0 for Linux
  • Plesk 11.5 for Linux
  • Plesk 10.4 for Linux/Unix
  • Plesk Onyx for Windows
  • Plesk 12.5 for Windows
  • Plesk 12.0 for Windows
  • Plesk 11.0 for Windows
  • Plesk 11.5 for Windows
  • Plesk 10.4 for Windows

リリースノート

このパスワード一括リセットスクリプトは、Parallels Plesk Panel(Plesk)の所有者がすべての Plesk アカウントのパスワードを自動的にリセットすることを可能にします。

このスクリプトについてのご意見は、Plesk フォーラム(英語)にて受け付けております。

注意:Parallels Business Automation - Standard(PBA-S)に Plesk ノードを登録したユーザは、「PBAS をお使いの場合」セクションで説明する手順を実行する必要があります。

注意:Customer & Business Manager に Plesk ノードを登録しているお客様は、「Customer & Business Manager をお使いの場合」セクションの手順に従ってください。

使用方法:

  1. Plesk サーバにスクリプトをダウンロードします。

  2. 解凍します。

  3. 次の手順に従って実行します。

    注意:PHP の exec 関数は有効にする必要があります。従って、plesk_password_changer.php の実行時には、php.ini で以下の行をコメントアウトしてください。

    disable_functions = 'apache_child_terminate, apache_setenv, define_syslog_variables, escapeshellarg, escapeshellcmd, eval, exec, ... , mysql_pconnect'
    

    Linux:

    # /usr/local/psa/bin/sw-engine-pleskrun plesk_password_changer.php `cat /etc/psa/.psa.shadow` ['new admin password'] [options]
    

    Windows:

    "%plesk_dir%\admin\bin\php.exe" -dauto_prepend_file= plesk_password_changer.php <old admin password> [new admin password] [options]
    

    ここで [options] は、以下のいずれかです。

    --all - [デフォルト] サポートされるすべてのエンティティのパスワードをリセット
    
    --admin - 管理者パスワードをリセット
    
    --additionaladmins - 追加管理者アカウントのパスワードをリセット
    
    --clean-up-sessions - Plesk データベースのセッション表をクリーンアップ
    
    --resellers - リセラーのパスワードをリセット
    
    --clients - クライアントのパスワードをリセット
    
    --domains - ドメインのメイン FTP アカウントのパスワードをリセット
    
    --domainadmins - ドメイン管理者のパスワードをリセット
    
    --users - ホスティングパネルユーザのパスワードをリセット
    
    --additionalftpaccounts - ドメインの追加 FTP アカウントのパスワードをリセット
    
    --subdomains - サブドメインのパスワードをリセット。注:Plesk 10.x の場合、サブドメインはドメインとして扱われます。
    
    --dbusers - データベースユーザのパスワードを変更
    
    --webusers - ウェブユーザのパスワードをリセット
    
    --mailaccounts - メールアカウントのパスワードをリセット
    
    --pduers - 保護ディレクトリのユーザのパスワードをリセット
    
    --apsc - apsc データベースのパスワードを変更
    
    --mailaccounts - メールアカウントのパスワードをリセットします(Plesk 10.x 以降では、ユーザ作成時に作成され、このユーザにリンクされているメールアカウントのパスワードは変更されません)。このようなメールアカウントのパスワードをリセットするには、--users オプションを使用してください。)
    

例:

  • すべての Plesk エンティティのパスワードをリセットし、管理者のパスワードを自動生成する:

    php -d open_basedir= -d safe_mode=0 plesk_password_changer.php `cat /etc/psa/.psa.shadow`
    
  • ドメインのメイン FTP アカウントのパスワードのみをリセットする:

    php -d open_basedir= -d safe_mode=0 plesk_password_changer.php `cat /etc/psa/.psa.shadow` --domains</td>
    
  • 管理者とクライアントアカウントのパスワードをリセットし、管理者のパスワードを「s3$ret!」に設定する:

    php -d open_basedir= -d safe_mode=0 plesk_password_changer.php `cat /etc/psa/.psa.shadow` &#39;s3$ret!&#39; --admin --clients</td>
    
  • すべての Plesk エンティティのパスワードをリセットし、管理者のパスワードを「s3$ret!」に設定する:

    php -d open_basedir= -d safe_mode=0 plesk_password_changer.php cat /etc/psa/.psa.shadow 's3$ret!'

重要な情報:

Plesk admin パスワードは、<new admin password>(新しい管理者パスワード)を指定しなかった場合のみに生成されます。

このスクリプトは、新しいパスワードおよび更新されたアカウントの情報を _new_plesk_passwords.csv_ ファイルに出力します。

出力例:

[2011-10-11 11:30:55][INFO] ==> Installed Plesk version/build: 10.4.4 Debian 5.0 1013111102.18

[2011-10-11 11:30:55][INFO] ==> Detect system configuration
[2011-10-11 11:30:55][INFO] OS: Debian GNU/Linux 5.0 \n \l
[2011-10-11 11:30:55][INFO] Arch: i386

[2011-10-11 11:30:55][INFO] ==> Validate given db password
[2011-10-11 11:30:55][INFO] Result: OK

[2011-10-11 11:30:55][INFO] ==> Plesk Password Changer version: 10.4.0.23

[2011-10-11 11:30:55][INFO] ==> STEP 1: Change password for resellers...
[2011-10-11 11:30:56][INFO] Reseller login: res1 Email: reseller1@mail.com New password: Ajx3J4cHDjaG
[2011-10-11 11:30:57][INFO] Reseller login: res2 Email: reseller2@mail.com New password: Ua7TPxc6lsk9

[2011-10-11 11:30:57][INFO] ==> STEP 2: Change password for clients...
[2011-10-11 11:30:58][INFO] Client login: cl1 Email: client1@mail.com New password: qiCJJd1525Im
[2011-10-11 11:30:59][INFO] Client login: cl2 Email: client2@mail.com New password: LwrWpt4ybPxb

[2011-10-11 11:30:59][INFO] ==> STEP 3: Change password for users...
[2011-10-11 11:31:09][INFO] Hosting Panel User: mail1@domain.com New password: xtV2hsPy1Drj
[2011-10-11 11:31:15][INFO] Hosting Panel User: user1@domain2.com New password: NZGheFAsHTFn
[2011-10-11 11:31:17][INFO] Hosting Panel User: user1@domain3.tld New password: Pg7bgQ3hTrCx
[2011-10-11 11:31:18][INFO] Hosting Panel User: admin@gmail.com New password: nCkE17PhvG8h

[2011-10-11 11:31:18][INFO] ==> STEP 4: Change password for FTP users of domains...
[2011-10-11 11:31:20][INFO] FTP user ftp1 for domain domain.com New password: 9cmlKwXKjfv7
[2011-10-11 11:31:22][INFO] FTP user ftp2 for domain domain2.com New password: RZG9G7ZxbOVS
[2011-10-11 11:31:24][INFO] FTP user ftp3 for domain domain3.com New password: 5VKX83JwAb47
[2011-10-11 11:31:26][INFO] FTP user ftp4 for domain domain4.com New password: md3XuAfxgLAa

[2011-10-11 11:31:26][INFO] ==> STEP 5: Change password for additional FTP accounts...
[2011-10-11 11:31:28][INFO] Domain: domain4.com Additional FTP account: addftp1 New password: 5gsVrBlW8jjs

[2011-10-11 11:31:28][INFO] ==> STEP 6: Change password for mail accounts...
[2011-10-11 11:31:29][INFO] Mail account: justemail@domain.com New password: Rgfi3SJTTkps
[2011-10-11 11:31:30][INFO] Mail account: justEmail@domain2.com New password: OQcr9VtxOyGc

[2011-10-11 11:31:30][INFO] ==> STEP 7: Change password for web users of domains...
[2011-10-11 11:31:31][INFO] Web user wu1 for domain domain2.com New password: wrBX6dChkUXG
[2011-10-11 11:31:33][INFO] Web user wu2 for domain domain2.com New password: 870jUPoN06qc

[2011-10-11 11:31:33][INFO] ==> STEP 8: Change password for admin...
nohup: redirecting stderr to stdout
mysqld_safe[4677]: started
mysqld_safe[4696]: ended
[2011-10-11 11:31:55][INFO] Admin new password: ngtt5PmQfcgW

Found errors: 0; Found Warnings: 0

PBAS をお使いの場合

PBA-S 4.1.x 以前と Parallels Plesk Panel 10.x 以前を使用している場合、以下の指示に従ってください。また、PBA-S 4.2 を使用している場合、Parallels Plesk Panel のバージョン 11.x までにのみ適用する必要があります。

Plesk Panel を PBA-S に Plesk ノードとして登録している場合、上記に従って plesk_password_changer スクリプトでパスワードをリセットすると、Plesk と PBA-S の統合に影響が生じます

Plesk との統合を復旧するには、PBAS 管理ノードで reset_plesk_passwords.pl スクリプトを実行する必要があります。このスクリプトは、PBAS データベースに保存されている Plesk インスタンスのパスワードと、Plesk ノードへの接続に使用される管理者パスワードを変更します。

reset_plesk_passwords スクリプトには、2 つの実行モードがあります。

  • --process パラメータを指定しない場合:スクリプトは CSV ファイル内でデータの整合性を確認し、aspc データベースで実行される問い合わせを表示します(実際には実行しません)。

  • --process パラメータを指定する場合:スクリプトは Plesk インスタンスのパスワード変更のために必要な問い合わせを実行します。

使用方法:

# perl reset_plesk_passwords.pl --hw_ip=<plesk node IP address> --file=<output CSV file generated by plesk_password_changer.php>

このスクリプトを実行すると、次のようなアウトプットがあります。

Input parameters: hw_ip=>10.52.53.101, hw_id=>, file=>new.csv, process=>
Running in debug mode, use --process parameter to alter DB
Processing client(s)...
No entities of type client found in CSV file!
Processing customer(s)...
No entities of type customer found in CSV file!
Processing reseller(s)...
Following statements will be executed:
UPDATE `plesk_client_cache` SET `plesk_password` = 'sHMHLrDJA9KlQWE' WHERE `hw_id` = '10' AND `plesk_login` = 'pbas_client1' AND `type` = '1';
UPDATE `plesk_client_cache` SET `plesk_password` = 'aHkgsUyETsDKQWE' WHERE `hw_id` = '10' AND `plesk_login` = 'pbasclien2_gma_5com_1034' AND `type` = '1';
Processing domain(s)...
Following statements will be executed:
UPDATE `plesk_domain_cache` SET `plesk_password` = 'OMu8tNVUcSOF' WHERE `hw_id` = '10' AND `plesk_name` = 'pbasSub1.a10-52-53-101.qa.plesk.ru';
Processing admin...
Following statements will be executed:
UPDATE `hw` SET `root_password` = 'something' WHERE `hw_id` = '10';
Finished successfully

# perl reset_plesk_passwords.pl --hw_ip=<plesk node IP address> --file=<output CSV file generated by plesk_password_changer.php> --process

このスクリプトを実行すると、次のようなアウトプットがあります。

Input parameters: hw_ip=>10.52.53.101, hw_id=>, file=&gt;new.csv, process=>1
Processing client(s)...
No entities of type client found in CSV file!
Processing customer(s)...
No entities of type customer found in CSV file!
Processing reseller(s)...
Processing domain(s)...
Processing admin...
Finished successfully

Plesk ノードの IP アドレスの代わりに、この Plesk ノードの ID を PBA-S データベースからスクリプトに指定することができます。

# perl reset_plesk_passwords.pl  --hw_id=<id> --file=<output CSV file generated by plesk_password_changer.php> --process

Customer & Business Manager をお使いの場合

注意:Plesk 10.4.4 および Plesk 11.0 のみがサポートされます。

  1. Plesk がインストールされ、Customer & Business Manager と統合されている場合、次のコマンドを使用してください。

    Linux:

    # /usr/local/psa/bin/sw-engine-pleskrun plesk_password_changer.php `cat /etc/psa/.psa.shadow` --all --cbm --exclude-clients --exclude-resellers
    

    Windows:

    "%plesk_dir%\admin\bin\php.exe" -dauto_prepend_file="" plesk_password_changer.php <old admin password> --all --cbm --exclude-clients --exclude-resellers
    

    "クライアント" と "リセラー" のパスワードを除外する必要があるのは、Customer & Business Manager ユーザとして変更されるためです。

    --cbm オプションで、接続されたすべてのホスティングパネルに対してプロビジョニングされたすべての Customer & Business Manager ユーザのパスワードが変更されます。

  2. オプション)Plesk Panel が Customer & Business Manager とリモート統合されている場合、次のコマンドを使用して、これらのサーバでもパスワードをリセットする必要があります。

    Linux:

    # /usr/local/psa/bin/sw-engine-pleskrun plesk_password_changer.php `cat /etc/psa/.psa.shadow` --all --exclude-clients --exclude-resellers>
    

    Windows:

    "%plesk_dir%\admin\bin\php.exe" -dauto_prepend_file="" plesk_password_changer.php <old admin password> --all --exclude-clients --exclude-resellers
    

    これにより、他のすべての Plesk エンティティのパスワードが変更されますが、ステップ 1 で Customer & Business Manager で変更済みのクライアントとリセラーのパスワードは変更されません。

  3. ステップ 2 の完了後、Customer & Business Manager の admin パスワードを変更し、Customer & Business Manager に紐付けられたすべてのホスティングパネルの admin パスワードを更新してください。

Attachments

a914db3fdc7a53ddcfd1b2db8f5a1b9c 29d1e90fd304f01e6420fbe60f66f838 85a92ca67f2200d36506862eaa6ed6b8 c796c01d6951fa24ed54c7f1111667c6 400e18f6ede9f8be5575a475d2d6b0a6 caea8340e2d186a540518d08602aa065 56797cefb1efc9130f7c48a7d1db0f0c bd7fc88cf1b01f097749ae6f87272128 0a53c5a9ca65a74d37ef5c5eaeb55d7f dd0611b6086474193d9bf78e2b293040 aea4cd7bfd353ad7a1341a257ad4724a 46a8e394d6fa13134808921036a34da8 01bc4c8cf5b7f01f815a7ada004154a2 514af229ae32522202a910a2649c80fb ed7be2b984f9c27de1d2dc349dc19c6d a766cea0c28e23e978fa78ef81918ab8 2a5151f57629129e26ff206d171fbb5f e335d9adf7edffca6a8af8039031a4c7 e8756e9388aeca36710ac39e739b2b37 ff5a00b8ead2e480367b019417a04207 742559b1631652fadd74764ae8be475e 8b661cab116c79dbe6c4ac5bbdf1c8cb 5ba46e1c6f0941983726f3f192a169fb 31017699f1904665788bf685dabf68e3

Email subscription for changes to this article