Article ID: 113447, created on Dec 9, 2015, last review on Dec 9, 2015

  • Applies to:
  • Operations Automation 5.4
  • Panels
  • Virtuozzo
  • Virtuozzo containers for Linux
  • Virtuozzo hypervisor

情報

本記事では、Parallels Virtuozzo containers for Linux でコンテナのプライベート領域を変更する方法を説明します。これは、次のような状況で必要になります。

  1. PVCfL または PSBM のデプロイ中に、サーバに容量が中程度のローカル HDD しかなく、その後、SAN または外付けストレージでコンテナと VM をホストする必要が生じた
  2. 特定のコンテナを別の HDD に配置する必要がある
  3. サーバに接続されたより大容量の HDD にコンテナを移す必要がある

本記事では、この目的のために、2 通りの方法をご紹介します。

  1. 特定のコンテナを別のパーティションに配置する
  2. すべてのコンテナを他の場所に移す

特定のコンテナ

特定のコンテナを /vz 以外の場所に移すには、以下の手順に従います。

  1. コンテナファイルを必要な場所にコピーします

    [18:22:06][~]# mkdir /vz2
    [18:22:27][~]# mkdir /vz2/private
    [18:22:40][~]# mkdir /vz2/root
    [18:22:43][~]# rsync -au /vz/private/3147 /vz2/private/
    [18:23:18][~]# ls -la /vz2/private/
    total 12
    drwxr-xr-x 3 root root 4096 Feb  6 18:23 .
    drwxr-xr-x 4 root root 4096 Feb  6 18:22 ..
    drwxr-xr-x 7 root root 4096 Feb  6 17:02 3147
    
  2. ve.conf が正しいプライベート領域およびルート領域の場所をポイントしていることを確認します

    [18:24:19][~]# cd /etc/vz/conf/
    [18:24:21][/etc/vz/conf]# rm 3147.conf
    [18:24:31][/etc/vz/conf]# ln -s /vz2/private/3147/ve.conf 3147.conf
    [18:25:28][/etc/vz/conf]# vim /vz2/private/3147/ve.conf
    [18:27:11][/etc/vz/conf]# grep -E "ROOT|PRIVATE" /vz2/private/3147/ve.conf
    VE_ROOT="/vz2/root/$VEID"
    VE_PRIVATE="/vz2/private/$VEID"
    
  3. コンテナが起動可能であることを確認します

    [18:28:02][/etc/vz/conf]# vzctl start 3147
    Starting the Container ...
    Container is unmounted
    Container is mounted
    Setting permissions 20002 dev 0x7d00
    Adding offline management to Container(1): 8443 4643
    Adding IP addresses: 10.20.30.40
    Starting the Container ...
    [18:28:05][/etc/vz/conf]#
    

すべてのコンテナ

すべてのコンテナを別の HDD に移すには、以下の手順に従います。

  1. コピー対象のデータの整合性を保つために、サービス vz を停止させます

    [root@pvclin40 ~]# service vz stop
    Shutting down Container 1
    Turn off offline management for Container 123:             [  OK  ]
    Turn off offline management for Container 123456:          [  OK  ]
    Stopping Virtuozzo:                                        [  OK  ]
    [root@pvclin40 ~]#
    
  2. すべてのデータを /vz パーティションから新しいストレージへコピーします

    [root@pvclin40 ~]# mkdir /vz2
    [root@pvclin40 ~]# mount /dev/sdb3 /vz2
    [root@pvclin40 ~]# rsync -auv /vz/ /vz2
    building file list ... done
    ./
    actionlog/
    ....
    vzup2date/virtuozzo/linux/x86_64/index.xml
    wrote 3282238799 bytes  read 1596884 bytes  11876440.08 bytes/sec
    total size is 3275211083  speedup is 1.00
    
  3. ストレージを /vz として再マウントします

    [root@pvclin40 ~]# umount /vz
    [root@pvclin40 ~]# umount /vz2
    [root@pvclin40 ~]# mount /dev/sdb3 /vz
    
  4. サービス vz を起動します

    [root@pvclin40 ~]# service vz start
    Starting Virtuozzo:                                        [  OK  ]
    Loading Virtuozzo license:                                 [  OK  ]
    Set vzprivrange:                                           [  OK  ]
    Configuring Virtuozzo accounting:                          [  OK  ]
    Starting Container: 1 123 123456
    Container 1 started:                                       [  OK  ]
    Container 123 started:                                     [  OK  ]
    Container 123456 started:                                  [  OK  ]
    Setup offline management for Container 123:                [  OK  ]
    Setup offline management for Container 123456:             [  OK  ]
    

a26b38f94253cdfbf1028d72cf3a498b d02f9caf3e11b191a38179103495106f 2897d76d56d2010f4e3a28f864d69223 5356b422f65bdad1c3e9edca5d74a1ae caea8340e2d186a540518d08602aa065 e8e50b42231236b82df27684e7ec0beb 0dd5b9380c7d4884d77587f3eb0fa8ef ac82ce33439a9c1feec4ff4f2f638899 2554725ed606193dd9bbce21365bed4e 614fd0b754f34d5efe9627f2057b8642 56797cefb1efc9130f7c48a7d1db0f0c

Email subscription for changes to this article