Article ID: 113664, created on Nov 7, 2013, last review on Jan 16, 2015

  • Applies to:
  • Plesk for Linux/Unix

追加情報

この記事は、Parallels Plesk バージョン 10.4 以降を対象にしています。

以前のバージョンでの手順については、次の記事を参照してください。

Parallels Plesk 10.3 以前のバージョンでメールハンドラを再作成するには

症状

  1. /usr/local/psa/var/log/maillog に以下のエラーが表示されます。

    postfix/smtpd[31821]: NOQUEUE: milter-reject: CONNECT from unknown[IP]: 451 4.7.1 Service unavailable - try again later; proto=SMTP
    
  2. メールハンドラに問題があると考えられます。再作成するにはどうすればよいですか?

  3. /usr/local/psa/handlers ディレクトリに何も表示されません。

原因

Plesk 10.4 以降、メールハンドラは SQLite データベースファイル /var/lib/plesk/mail/handlers/handlers.dbに保存されます。

診断

サーバにメールハンドラが存在するかどうか確認するには:

    # /usr/local/psa/admin/sbin/mail_handlers_control --list

'SpamAssassin' または 'DrWeb' を一時的に有効化して、サーバ上のメールボックスにメールを(ローカル)送信することもできます。

    server4:~# mail server4@domain.tld
    Subject: test
    test
    .
    Cc:
    server4:~#

次に、メールログを確認し、メールハンドラが実行されているか調べます。

    # tail /usr/local/psa/var/log/maillog | grep qmail-queue-handlers
    Mar 29 09:32:23 server4 qmail-queue-handlers...
    ...

解決策

メールハンドラの再作成が必要である場合、以下を実行します。

  1. mchk を実行し、メールハンドラを再生成します。

    # /usr/local/psa/admin/sbin/mchk --with-spam
    ==> Checking for: mailsrv_conf_init... ok
    ==> Checking for: mail_handlers_init... ok
    ==> Checking for: mailsrv_entities_dump... ok
    ==> Checking for: mail_admin_aliases... ok
    ==> Checking for: mail_auth_dump... ok
    ==> Checking for: mailman_lists_dump... ok
    ==> Checking for: mail_kav8_restore... ok
    ==> Checking for: mail_responder_restore... ok
    ==> Checking for: mail_spam_restore... ok
    ==> Checking for: mail_grey_restore... ok
    ==> Checking for: mail_mailbox_restore... ok
    ==> Checking for: mail_spf_restore... ok
    ==> Checking for: mail_dk_restore... ok
    ==> Checking for: mail_drweb_restore... ok
    #
    
  2. 上の「診断」セクションに従い、メールハンドラが作成され、適用されていることを確認します。

56797cefb1efc9130f7c48a7d1db0f0c a914db3fdc7a53ddcfd1b2db8f5a1b9c 29d1e90fd304f01e6420fbe60f66f838

Email subscription for changes to this article