Article ID: 114283, created on Oct 10, 2012, last review on May 2, 2014

  • Applies to:
  • Plesk 11.x for Linux
  • Plesk 11.x for Windows

情報

この KB 記事では、バージョン 10 と 11 でユーザインターフェースがどのように変わったのかを説明します。

1. Parallels Plesk Panel に新しいスキンが導入されました。 ただし、以下のメニューで、以前のスキンに戻すことができます。
[ツールと設定]>[Panel ブランディング]>テーマを選択します
違いを確認するには、こちらを展開してください。


2. [インターフェース管理]の下の[サーバ管理パネルでホスティングオペレーションを開く]オプションがデフォルトでオンになっています。 これにより、ユーザはサーバ管理パネルで契約を管理することができます。
違いを確認するには、こちらを展開してください。


3. 以前は別メニューであった[ツールとユーティリティ] [設定] が 1 つにまとめられ、[ツールと設定] メニューになりました。
違いを確認するには、こちらを展開してください。


4. [モジュール] メニューアイテムの名前が[拡張] に変更されました。
違いを確認するには、こちらを展開してください。

bd7fc88cf1b01f097749ae6f87272128 56797cefb1efc9130f7c48a7d1db0f0c a914db3fdc7a53ddcfd1b2db8f5a1b9c 85a92ca67f2200d36506862eaa6ed6b8 0a53c5a9ca65a74d37ef5c5eaeb55d7f 29d1e90fd304f01e6420fbe60f66f838

Email subscription for changes to this article