Article ID: 114565, created on Aug 15, 2012, last review on Apr 30, 2014

  • Applies to:
  • Plesk 11.0 for Linux
  • Plesk for Windows

症状

コントロールパネルで証明書をアップロードしたところ、以下のエラーが表示されました。

    ERROR message: Unable to set the certificate: Incompatible private key/certificate pair.

.txt 形式を使用する場合も、同じ問題が発生します。

原因

秘密キーと証明書が一致していない可能性があります。

解決策

秘密キーと証明書が一致しているかどうかを確認するには、秘密キーと証明書の modulus 部分を比較します。

domain.tld の秘密キーのコンテンツをファイル(domain.tld など)にコピーして、modulus 部分をチェックします。

    # openssl rsa -text -noout -in domain.tld -modulus | grep Modulus=
    Modulus=A6ACD1BCD71FBAD9499D95B9F341F65980BFE13D5189CE9629642F7211E7F8C5CD42394A6F0047A51E4451647E367E36B69D8A42F62B995532F6331189C120AAB7D5A92D016870622D85E675A5C3D7160F820F87D5717C157D4324SDF2D39DB5E2SFSCF848D72C5C6805D604C830995FEBAAE01C058EE88F57E108034B4AC7F2BB97DB20A8D6480B422171C6E2E7550740A9A436B2FBD8EF660E80CE1808CEEBC0B7CC55E6625EA44D94600AC4EC31AF89F81A8E9870E4F760B7238A91DBFDC0805BE05B32D8CF59C0BBEA82850B0FF635DFE8CF63683C3CDAAF7F4484A97D06450760677AD5B7EEA5EEEED922D0F367FE9C43F5636A635DACB977FE250C42A1F348D85BCEEDDSFEFA343

次に、証明書の modulus 部分をチェックします。

    openssl x509 -text -noout -in domain.tld.crt -modulus | grep Modulus=
    Modulus=C55B529210F59C810097B854BA3816627DE68D903B85336F92E1E278B0DF31F01944FEFB7A0E7EA39D830559CBF1C40923F826FFE77C97896067F22331C5A12392C39EDE43B68BF1A68075EB238DFAD3423431123AFBF33f3DF9D1123008B52EA7C08D10D2318F32258BDD12B207F3CDB1D062765E8732DF82547245574A041ED7E49AFE828E73C3D42C614AC44475D880E4103181A4FAA3F3EA584CAD8A68707C311B93D0F5DFEF6D40106BEBEA4B14FB1B9C4ED8E91B1A12BBBD879B50689DCDFD294AC12526E2276EF63E79C114CCD7825262F2DE9BFD3642AA579725B23AAAD48F1A9E16C389BBB7E08C0F193CAEA244D107742831E3C16B6E84F4447D70F2300DCE67352B4B7B323SDFS

modulus 部分が一致しない場合、証明書自体が原因なので、証明書を再発行する必要があります。証明書を発行した CA に、同じ CSR で新しい証明書を作成するよう依頼してください。

56797cefb1efc9130f7c48a7d1db0f0c a914db3fdc7a53ddcfd1b2db8f5a1b9c 29d1e90fd304f01e6420fbe60f66f838 0a53c5a9ca65a74d37ef5c5eaeb55d7f 85a92ca67f2200d36506862eaa6ed6b8 aea4cd7bfd353ad7a1341a257ad4724a

Email subscription for changes to this article