Article ID: 114982, created on Jan 30, 2013, last review on Sep 11, 2014

  • Applies to:
  • Plesk Automation 11.5
  • Plesk 12.0 for Linux
  • Plesk 11.0 for Linux
  • Plesk 11.5 for Linux
  • Plesk 10.4 for Linux/Unix

症状

メールログに、次のようなエラーメッセージが記述されています。

Oct  9 13:20:04 vps-1011114-876 postfix/smtpd[31266]: connect from unknown[unknown]
Oct  9 13:20:04 vps-1011114-876 /usr/lib64/plesk-9.0/psa-pc-remote[1489]: Unable to interpret remote host address
Oct  9 13:20:04 vps-1011114-876 postfix/smtpd[31266]: NOQUEUE: milter-reject: CONNECT from unknown[unknown]: 451 4.7.1 Service
unavailable - try again later; proto=SMTP
Oct  9 13:20:04 vps-1011114-876 postfix/smtpd[31266]: lost connection after CONNECT from unknown[unknown]
Oct  9 13:20:04 vps-1011114-876 postfix/smtpd[31266]: disconnect from unknown[unknown]


これに対して、何らかの処置が必要でしょうか。

原因

上記のメッセージは、以下のシナリオの結果として発生する可能性があります。

1) 接続が TCP レベルで確立される。
2) Postfix がこの信号を受け取り、要求の処理を開始する。
3) Postfix がネットワーク接続の詳細を受信する前に終了すべきオペレーションがたくさんある。
4) システムが接続を終了したたため、データを収集する時点で、IP アドレスが "unknown"(不明)と判断され、ログに記録される。

一般に、以下のような状況で、このシナリオが発生する可能性があります。

1) リモート(または中間)ホストが、接続を確立した直後に接続を終了する(ポートプローブまたはポートスキャン)
または
2) ローカルシステムでネットワークスタックが高負荷またはリソース不足になる

一般に、最初の状況はトラブルシューティングが非常に難しいため、システム管理者が行うべき作業です。

2 番目の状況は、サーバのすべてのネットワークサービスに影響を与える可能性があるため、調査に値します。

いずれの場合にも、SMTP セッションを確立できない状況になるとメッセージは遅延され、このメッセージを配信する別の試行がスケジュールされます。やがてメッセージは配信されます。

解決策

システムリソースの空き状況を確認し、サーバが過負荷になっていないかを確認してください。

注: これはシステム管理者が行うべき作業であり、弊社サポート対象外です。

56797cefb1efc9130f7c48a7d1db0f0c a914db3fdc7a53ddcfd1b2db8f5a1b9c 29d1e90fd304f01e6420fbe60f66f838 0a53c5a9ca65a74d37ef5c5eaeb55d7f aea4cd7bfd353ad7a1341a257ad4724a 01bc4c8cf5b7f01f815a7ada004154a2 2a5151f57629129e26ff206d171fbb5f e335d9adf7edffca6a8af8039031a4c7 e8756e9388aeca36710ac39e739b2b37 dd0611b6086474193d9bf78e2b293040 33a70544d00d562bbc5b17762c4ed2b3 caea8340e2d186a540518d08602aa065 e0aff7830fa22f92062ee4db78133079

Email subscription for changes to this article