Article ID: 115162, created on May 2, 2013, last review on Nov 21, 2014

  • Applies to:
  • Plesk 11.0 for Linux
  • Plesk 11.5 for Linux
  • Plesk 10.3 for Linux/Unix
  • Plesk 10.2 for Linux/Unix

情報

この記事は、Parallels Plesk バージョン 10.3 以前を対象にしています。

最新バージョンでの手順については、次の記事を参照してください。

Parallels Plesk 10.4 以降のバージョンでメールハンドラを再作成するには

破損したメールハンドラのみを再作成する

破損していないカスタムハンドラがすべて保持されるため、この方法をお勧めします。

  1. メールサービスを停止します。

    # /usr/local/psa/admin/sbin/mailmng --stop-service`
  2. 以下のコマンドで、破損したメールハンドラをすべて検索します。

    # find /usr/local/psa/handlers/before-* -type f | while read h ; do [ ! -d /usr/local/psa/handlers/info/$(basename $h) ] && echo $h  ; done
    /usr/local/psa/handlers/before-local/recipient/test@domain.tld/20-drweb-wDB2eC
    #

    このコマンドは、実行可能バイナリリンクを持たないメールハンドラの名前を返します。

    出力が空の場合、本記事の最後の説明に従い、すべてのメールハンドラを再作成してください。

  3. 破損したファイルを削除します。ファイル名は、実際のファイル名に置き換えてください。

    # rm -f /usr/local/psa/handlers/before-local/recipient/test@domain.tld/20-drweb-wDB2eC
  4. mchk ユーティリティを実行して、メールハンドラを再作成します。次のような出力があります。

    ~# /usr/local/psa/admin/sbin/mchk --with-spam
     ==> Checking for: mail_spam_restore... ok
     ==> Checking for: mailsrv_conf_init... ok
     ==> Checking for: mail_mailbox_restore... ok
     ==> Checking for: mailsrv_entities_dump... ok
     ==> Checking for: mail_admin_aliases... ok
     ==> Checking for: mail_auth_dump... ok
     ==> Checking for: mailman_lists_dump... ok
     ==> Checking for: mail_responder_restore... ok
     ==> Checking for: mail_drweb_restore... ok
     ==> Checking for: mail_kav_restore... not exists
     ==> Checking for: mail_spf_restore... ok
     ==> Checking for: mail_dk_restore... ok
     ==> Checking for: mail_grey_restore... ok
     ~#
  5. メールサービスを起動します。

    # /usr/local/psa/admin/sbin/mailmng --start-service

すべてのメールハンドラを再作成するには

上の手順で解決しなかった場合、次の手順をお試しください。

警告:カスタムハンドラはすべて失われるため、再作成が必要になります。

  1. メールサービスを停止します。

    # /usr/local/psa/admin/sbin/mailmng --stop-service
  2. 古いハンドラをバックアップします。

    # mkdir /root/temp
    # cp -a /usr/local/psa/handlers/before-* /root/temp/
    # cp -a /usr/local/psa/handlers/info /root/temp/
  3. すべてのメールハンドラを削除します。

    # rm -rf /usr/local/psa/handlers/before-*/*
    # rm -rf /usr/local/psa/handlers/info/*
  4. mchk ユーティリティを実行して、メールハンドラを再作成します。

    # /usr/local/psa/admin/sbin/mchk --with-spam
  5. メールサービスを起動します。

    # /usr/local/psa/admin/sbin/mailmng --start-service

追加情報

Parallels Plesk バージョン 9.x には、カスタムメールハンドラを構成して使用するための機能があります。
Plesk 9.2 for Linux/Unix:: Modules API Reference

これらのカスタムハンドラは Plesk データベースのレコードに対応していないため、mchk で自動的に再構成されません。このため、破損したメールハンドラのみを再構築することをお勧めします。

29d1e90fd304f01e6420fbe60f66f838 56797cefb1efc9130f7c48a7d1db0f0c a914db3fdc7a53ddcfd1b2db8f5a1b9c aea4cd7bfd353ad7a1341a257ad4724a 0a53c5a9ca65a74d37ef5c5eaeb55d7f f4ce8084cb23619ef5fe9428ecc388ea dd0611b6086474193d9bf78e2b293040 d3c493291d6d9f66837ac7495dfea9ca 01bc4c8cf5b7f01f815a7ada004154a2

Email subscription for changes to this article