Article ID: 115733, created on May 10, 2013, last review on May 11, 2014

  • Applies to:
  • Plesk Automation 11.1
  • Plesk 11.5 for Linux
  • Plesk 10.4 for Linux/Unix

問題

ウェブサイトで実行されている PHP アプリケーションの一部が PHP 5.3 に対応していないため、サーバで PHP をダウングレードする必要があります。

解決策

CentOS 5 の場合:PHP 5.3.x は Parallels から提供されていますが、PHP 5.1.x は OS ベンダーのリポジトリから入手できます。

ダウングレード手順は以下のとおりです。

  1. PHP 5.3 パッケージは「php53」や「php53-mysql」のような名前になっており、ベンダーの PHP パッケージで置換することはできず、依存関係を無視して削除する必要があります。

    rpm -qa | grep php53 | xargs rpm -e --nodeps

  2. ベンダーのリポジトリから PHP をインストールします。

    yum install php php-pdo php-gd php-imap php-mbstring php-mysql php-xml php-cli

  3. ご使用の Plesk バージョンとサーバの CPU アーキテクチャに適した Plesk psa-php5-configurator パッケージをダウンロードします。

  4. Plesk PHP コンフィギュレータパッケージをインストールします。

    rpm -Uhv psa-php5-configurator-1.6.2-cos5.build110120608.16.x86_64.rpm

CentOS 6 の場合:CentOS 6 は PHP 5.3 付きで提供されており、OS ベンダーのリポジトリにはこれより前のバージョンがありません。代わりにサードパーティソフトウェアリポジトリを使用できます。例えば PHP 5.2.17 は Atomic リポジトリから入手できます。なお、PHP をダウングレードして維持するためには、Parallels Plesk Panel の自動更新を無効化する必要があります。マイクロアップデートはインストールする必要があります(KB #9294 参照)。

CentOS 6 での PHP のダウングレード手順:

  1. Atomic リポジトリを追加します。

    wget -qq -O - http://www.atomicorp.com/installers/atomic | /bin/bash

  2. すべての PHP パッケージをダウングレードします。

    yum downgrade $(rpm -qa --qf "%{NAME} " | grep -v ioncube | grep ^php | awk '{print $1"-5.2.17"}')

dd0611b6086474193d9bf78e2b293040 56797cefb1efc9130f7c48a7d1db0f0c a914db3fdc7a53ddcfd1b2db8f5a1b9c 29d1e90fd304f01e6420fbe60f66f838 0a53c5a9ca65a74d37ef5c5eaeb55d7f e8756e9388aeca36710ac39e739b2b37 01bc4c8cf5b7f01f815a7ada004154a2 c1ecc6010feff26cb42d1d14a7881dd6 caea8340e2d186a540518d08602aa065 e0aff7830fa22f92062ee4db78133079

Email subscription for changes to this article