Article ID: 234, created on Feb 18, 2010, last review on Mar 6, 2015

  • Applies to:
  • Plesk 12.5 for Linux
  • Plesk 12.0 for Linux
  • Plesk 11.0 for Linux
  • Plesk 11.5 for Linux

解決策

はい。安全に更新することができます。さらに、システムを最新に保つために、"yum"(Debian の場合 "apt-get")を使用することをお勧めします。

ただし、一部のパッケージは Parallels Plesk Panel(PP)またはその他のソフトウェアと競合する可能性があります。これらをスキップリストに追加することができます。以下の設定を使用することをお勧めします。

  • up2date の場合、/etc/sysconfig/rhn/up2date に以下を追加します。

     pkgSkipList=kernel\*;sendmail;bind-chroot;caching-nameserver;
    
  • yum の場合、/etc/yum.conf に以下を追加します。

         exclude=kernel\* sendmail bind-chroot caching-nameserver
    

    PP システムで Apache をアップグレードした後で実施すべき作業については、 こちらを参照してください。

    1. Parallels Plesk Panel をコンテナ内にインストールした場合、カーネルの更新は不要です。カーネルはノードからアップグレードする必要があります。
    2. Parallels Plesk Panel をハードウェアノードにインストールしており、ベンダーのリポジトリのみが構成されている場合は、カーネルの更新をお勧めします。それ以外の場合は、カスタムリポジトリが新しいカーネルを提供している際に、ベンダーのリポジトリから手動でカーネルを更新することをお勧めします。この理由は、GRSecurity パッチの適用によりカーネルにより大きな問題が発生するためです。PP はこのような構成で機能するように設計されていません。

29d1e90fd304f01e6420fbe60f66f838 a914db3fdc7a53ddcfd1b2db8f5a1b9c 56797cefb1efc9130f7c48a7d1db0f0c 2a5151f57629129e26ff206d171fbb5f e335d9adf7edffca6a8af8039031a4c7 01bc4c8cf5b7f01f815a7ada004154a2 0a53c5a9ca65a74d37ef5c5eaeb55d7f aea4cd7bfd353ad7a1341a257ad4724a 742559b1631652fadd74764ae8be475e

Email subscription for changes to this article