Article ID: 5568, created on Nov 22, 2013, last review on May 11, 2014

  • Applies to:
  • Plesk 8.6 for Linux/Unix
  • Plesk 8.4 for Linux/Unix
  • Plesk 8.3 for Linux/Unix

症状

メールメッセージ送信が、[Server]>[Mail]>[Enable message submission]で有効化されていますが、送信ポートは閉じたままです。

~# telnet localhost 587
Trying 127.0.0.1...
telnet: connect to address 127.0.0.1: Connection refused
~#

原因

バージョン 8.3 以降、Plesk qmail は xinetd 構成ファイル /etc/xinetd.d/submission_psa を作成するか(RedHat OS)、適切なレコードを /etc/inetd.conf に追加します(Debian および FreeBSD)。
フレッシュインストールとは、Plesk コントロールパネルのバージョン 8.3 以降をクリーンインストールすること、あるいは旧バージョンからのアップグレードです。

コントロールパネルのオプション[Enable message submission]は、inetd.conf でレコードをコメントアウトするか、submission_psasubmission.psa に名称変更し、送信を xinetd 構成から除外します。パッケージ psa-qmail を再インストールしても、欠落しているレコードは復元されません。

解決策

ファイルを作成するか、レコードを手動で追加します。

/etc/xinetd.d/submission_psa
service submission
{
socket_type = stream
protocol = tcp
wait = no
disable = no
user = qmaild
instances = UNLIMITED
env = SUBMISSION=1 SMTPAUTH=1
server = /var/qmail/bin/tcp-env
server_args = /var/qmail/bin/qmail-smtpd /var/qmail/bin/smtp_auth /var/qmail/bin/true /var/qmail/bin/cmd5checkpw /var/qmail/bin/true

}

/etc/inetd.conf
submission stream tcp nowait qmaild /var/qmail/bin/tcp-env tcp-env /usr/bin/env SUBMISSION=1 SMTPAUTH=1 /var/qmail/bin/qmail-smtpd /var/qmail/bin/smtp_auth /var/qmail/bin/true /var/qmail/bin/cmd5checkpw /var/qmail/bin/true

9f8b3267dc294b8e42f097f7cddbc524 8cdcdbe6d0575b72ff6ede43517e46d0 9fa0130c84cac4b292697ade62270a40 b8ef5052d936e902043e41759118114e 29d1e90fd304f01e6420fbe60f66f838 a914db3fdc7a53ddcfd1b2db8f5a1b9c 56797cefb1efc9130f7c48a7d1db0f0c

Email subscription for changes to this article