Article ID: 6082, created on May 27, 2013, last review on Nov 27, 2014

  • Applies to:
  • Plesk 12.5 for Linux
  • Plesk 12.0 for Linux
  • Plesk 11.0 for Linux
  • Plesk 11.5 for Linux
  • Plesk 12.0 for Windows
  • Plesk 11.5 for Windows

情報

各バックアップは、.xml(バックアップのメタデータファイル)、.(アーカイブされたバックアップファイル)、およびディレクトリ .discovered(バックアップの技術情報を格納)から構成されています。

バックアップはデータ番号で識別され、バックアップに含まれるすべてのファイルのリストは find コマンドで確認できます。

例えば、バックアップ 0812121508 のすべてのファイルを確認するには:

# find `awk '$1=="DUMP_D"{print$2}' /etc/psa/psa.conf` -name '*0812121508*'
/var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/converted_mydomains_info_0812121508.xml
/var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/domains/myDomain.com/phosting/converted_webstat_0812121508.tgz
/var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/domains/myDomain.com/phosting/converted_docroot_ssl_0812121508.tgz
/var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/domains/myDomain.com/phosting/converted_logs_0812121508.tgz
/var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/domains/myDomain.com/phosting/converted_ftp_stat_0812121508.tgz
/var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/domains/myDomain.com/phosting/converted_error_docs_0812121508.tgz
/var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/domains/myDomain.com/phosting/converted_info_0812121508.xml
/var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/domains/myDomain.com/phosting/.discovered/converted_info_0812121508
/var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/domains/myDomain.com/phosting/converted_webstat_ssl_0812121508.tgz
/var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/domains/myDomain.com/phosting/converted_webuser_home_0812121508.tgz
/var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/domains/myDomain.com/phosting/converted_private_0812121508.tgz
/var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/domains/myDomain.com/phosting/converted_anon_ftpstat_0812121508.tgz
/var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/domains/myDomain.com/phosting/converted_docroot_0812121508.tgz
/var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/domains/myDomain.com/phosting/converted_cgi_0812121508.tgz
/var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/domains/myDomain.com/mailnames/Mail@myDomain.com/converted_Mail@myDomain.com_attaches_0812121508.tgz
/var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/domains/myDomain.com/mailnames/Mail@myDomain.com/converted_Mail@myDomain.com_mailbox_0812121508.tgz
/var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/domains/myDomain.com/mailnames/Mail@myDomain.com/converted_Mail@myDomain.com_info_0812121508.xml
/var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/domains/myDomain.com/mailnames/Mail@myDomain.com/.discovered/converted_Mail@myDomain.com_info_0812121508
/var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/domains/myDomain.com/.discovered/converted_myDomain.com_info_0812121508
/var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/domains/myDomain.com/converted_myDomain.com_info_0812121508.xml
/var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/.discovered/converted_mydomains_info_0812121508

上の出力から、これがログイン名 mydomains のクライアントのバックアップであり、このクライアントがドメイン myDomain.com、メールアカウント Mail@myDomain.com を所有していることがわかります。このクライアントのバックアップには、所有するドメインのバックアップも含まれます。

注意: Plesk バックアップの変更は推奨されません。

Plesk バックアップリポジトリは $DUMP_D です(デフォルトロケーションは /var/lib/psa/dump)。

以下は、Parallels Plesk Panel からアクセスできる個人バックアップリポジトリに関連するディレクトリの説明です。

  • サーババックアップおよびリセラー、クライアント、ドメインのバックアップが含まれるサブディレクトリが保存されるルートバックアップディレクトリ。

    Parallels Plesk Panel では、[Home]>[Backup Manager]からこのディレクトリにアクセスできます。必要な補助サブディレクトリ .discovered には、技術バックアップ情報が保存されます。このディレクトリは Parallels Plesk Panel では非表示です。

    /var/lib/psa/dumps/
    
    /var/lib/psa/dumps/.discovered
  • 管理者が所有するドメインのバックアップが保存されるサブディレクトリ。

    このリポジトリはドメイン名で識別され、[Domains]> ドメイン名 > [Backup Manager]からアクセスできます。

    /var/lib/psa/dumps/domains
    /var/lib/psa/dumps/domains/<domain.name>
    /var/lib/psa/dumps/domains/<domain.name>/.discovered
  • クライアントとそのドメインが保存されるサブディレクトリ。このリポジトリはクライアントログイン名とドメイン名で識別されます。

    これらは、[Clients]> クライアント名 > [Backup Manager]および[Clients]> クライアント名 > [Domains]> ドメイン名 > [Backup Manager]からアクセスできます。

    /var/lib/psa/dumps/clients
    /var/lib/psa/dumps/clients/<cient.login>
    /var/lib/psa/dumps/clients/<cient.login>/.discovered
    /var/lib/psa/dumps/clients/<cient.login>/<domain.name>
    /var/lib/psa/dumps/clients/<cient.login>/<domain.name>/.discovered
  • リセラーとそのクライアントおよびドメインが保存されるサブディレクトリ。

    このリポジトリはリセラーのログイン名、クライアントのログイン名、およびドメイン名で識別されます。これらは、[Resellers]> リセラー名 >[Backup Manager][Resellers]> リセラー名 >[Client Accounts]> クライアント名 >[Backup Manager]、および[Resellers]> リセラー名 >[Client Accounts]> クライアント名 >[Domains]> ドメイン名 >[Backup Manager]からアクセスできます。

    /var/lib/psa/dumps/resellers
    /var/lib/psa/dumps/resellers/<reseller.login>
    /var/lib/psa/dumps/resellers/<reseller.login>/.discovered
    /var/lib/psa/dumps/resellers/<reseller.login>/<cient.login>
    /var/lib/psa/dumps/resellers/<reseller.login>/<cient.login>/.discovered
    /var/lib/psa/dumps/resellers/<reseller.login>/<cient.login>/<domain.name>
    /var/lib/psa/dumps/resellers/<reseller.login>/<cient.login>/<domain.name>/.discovered

オブジェクトを新しいサーバに移行する計画がある場合、ルートバックアップディレクトリ全体を移動させてください。詳しくは http://kb.parallels.com/jp/112606 を参照してください。

バックアップリポジトリに存在する無関係なファイルは、Parallels Plesk Panel からは参照できません。

Plesk バックアップの技術情報は .discovered ディレクトリ(.discovered/converted_mydomains_info_0812121508)に保存されます。例えば:

# ls -l /var/lib/psa/dumps/clients/mydomains/.discovered/converted_mydomains_info_0812121508
-rw-r----- 1 root root 0 Feb 26 14:09 GUID_6ef49c73-4806-48ca-908e-a6674b83d80e
-rw-r----- 1 root root 0 Feb 26 14:09 objectid_mydomains
-rw-r----- 1 root root 0 Feb 26 14:09 owner_6706c956-3955-41f4-8ff0-f3b993999a12
-rw-r----- 1 root root 0 Feb 26 14:09 ownertype_server
-rw-r----- 1 root root 0 Feb 26 14:09 size_1149879
-rw-r--r-- 1 root root 0 Feb 26 14:09 status_OK

ここで、

  • GUID_6ef49c73-4806-48ca-908e-a6674b83d80e は、バックアップ中のオブジェクトの GUID です。

  • objectid_mydomains は、バックアップ中のオブジェクトの名前です。(DOMAIN.NAME、CLIENT.LOGIN、RESELLER.LOGIN、または admin があります。)

  • owner_6706c956-3955-41f4-8ff0-f3b993999a12 は、バックアップ中のオブジェクトの所有者の GUID です。

  • size_1149879 は、Plesk Panel のバックアップマネージャページに表示されるバックアップサイズです。

  • status_OK は、バックアップのステータスです。

バックアップのステータスには以下があります。

  • status_OK:有効なバックアップ(Parallels Plesk Panel では緑色でマーク)

  • status_WRONG-FORMAT:無効なバックアップ(Parallels Plesk Panel では赤でマーク)

  • status_SIGN-ERROR:バックアップシグネチャがバックアップコンテンツと一致しない変更されたバックアップ。Plesk Panel でバックアップをクリックすると、次の通知が表示されます。"Warning: This backup was created on another server or modified after creation."

ステータスバックアップファイルはキャッシュのようなものです。Plesk バックアップマネージャに新しいステータスファイルを生成させるためには、これを削除する必要があります。

a914db3fdc7a53ddcfd1b2db8f5a1b9c 29d1e90fd304f01e6420fbe60f66f838 56797cefb1efc9130f7c48a7d1db0f0c aea4cd7bfd353ad7a1341a257ad4724a 0a53c5a9ca65a74d37ef5c5eaeb55d7f 01bc4c8cf5b7f01f815a7ada004154a2 2a5151f57629129e26ff206d171fbb5f e335d9adf7edffca6a8af8039031a4c7 ed7be2b984f9c27de1d2dc349dc19c6d 85a92ca67f2200d36506862eaa6ed6b8 a766cea0c28e23e978fa78ef81918ab8 742559b1631652fadd74764ae8be475e 46a8e394d6fa13134808921036a34da8 bd7fc88cf1b01f097749ae6f87272128

Email subscription for changes to this article