Article ID: 837, created on Jun 8, 2012, last review on May 10, 2014

  • Applies to:
  • Plesk for Linux/Unix

症状

SMTP 接続にポート 25 以外の追加ポートを使用できますか。多くの ISP がポート 25 をブロックするようになっているため、ポートをもう 1 つオープンするように要求されました。

解決策

(Parallels Plesk Panel 9.5.x~11.x)

デフォルトで Parallels Plesk Panel(Plesk)11 は TCP ポート 587 でのメール送信を受け付けます。

[Tools & Settings]>[Mail Server Settings]([Mail]グループ内)を開きます。[Enable message submission]チェックボックスをオンにします。

Postfix 送信ポートを構成するために、Plesk ウェブインターフェースを使用することをお勧めします。SMTP 送信ポートを MTA で直接構成すると、設定が Plesk によって上書きされる場合があります。

以下の手順に従い、MTA 用に追加の SMTP ポートを構成します。

QMail(Parallels Plesk Panel 8.x、9.x)

使用していない任意のポートを選択し、/etc/services ファイルに追加します。例:

  smtp_alt 25025/tcp # new SMTP port  

'xinetd' をスーパーサーバとして使用している場合、/etc/xinetd.d/smtp_psa のコピーを /etc/xinetd.d/smtp_psa_alt に作成し、新しいファイル内でサービス行を修正してください。

service smtp_alt

xinetd を再起動(/etc/init.d/xinetd restart)すると、標準ポートとポート 25025 の両方で SMTP 接続が可能になります。また、Horde IMP(webmail)設定も再構成し、代替 SMTP ポートも使用できるようにする必要があります。これは /etc/psa-horde/imp/servers.php ファイルで、IMAP サーバと POP3 サーバの両方の smtpport パラメータの下で変更します。

'netd' をスーパーサーバとして使用している場合(Debian または FreeBSD)、inetd.conf を変更して追加 SMTP ポートを有効化します。

grep '^smtp ' /etc/inetd.conf | sed 's/^smtp/smtp_alt/' >> /etc/inetd.conf

次に、inetd を再起動します。

注:デフォルトポート(25)を完全に無効にし、代替のポートのみを使用したい場合は、ファイアウオールでポート 25 でブロックしないでください。また、xinetd/inetd から smtp_psa サービスを削除しないでください。代わりに、/etc/xinetd.d/smtp_psabind = 127.0.0.1 を追加して、デフォルト SMTP サービスを 127.0.0.1 のみで listen するようにしてください。このようにしなければ、SMTP サービスのステータスが Plesk コントロールパネルに正しく表示されません。Plesk は、ポート番号がハードコーディングされている 25 番目のポートをチェックして SMTP サービスのステータスを確認します。

Postfix(Parallels Plesk Panel 9.x、10.x ...)

Postfix 構成ファイル /etc/postfix/master.cf に以下の行を追加します。

<IP_Address>:<port> inet n - n - - smtpd

ここで <IP_Address> はサーバの IP アドレス、<port> は SMTP 接続用の追加ポートです。

Postfix が Postfix Before-Queue Content Filter を使用するように構成されている場合、プロキシフィルタ設定を行に追加します。

<IP_Address>:<port> inet n - - - - smtpd -o smtpd_proxy_filter=127.0.0.1:10025

再構成後に mailmng でメールサービスをリロードします。

# /usr/local/psa/admin/sbin/mailmng --reload-service
Reloading postfix: [  OK  ]

56797cefb1efc9130f7c48a7d1db0f0c a914db3fdc7a53ddcfd1b2db8f5a1b9c 29d1e90fd304f01e6420fbe60f66f838

Email subscription for changes to this article